ロゴ
HOME>Column>インプラントで歯の機能性が戻る!【歯を失くした方への治療法】

インプラントで歯の機能性が戻る!【歯を失くした方への治療法】

インプラント

インプラントが入れ歯と違うところ

歯を失ってしまうと取り戻すことはできません。自分の歯を再び入れる、ということはできないので、人工のものを入れるということになります。人工のものというと入れ歯を想像するでしょう。入れ歯の場合には、失った歯の部分だけをカバーするのではなく、周りの歯にも負担がかかってしまいます。また取り外しが可能なので、総入れ歯も部分入れ歯も専用の洗浄剤などを使ってケアをする必要があります。取り外しができるというのはケアもしやすいかもしれませんが、面倒に感じることもあるでしょう。インプラントの場合には失ってしまった部分だけを補てんすることになります。顎の骨にボルトを埋め込み、そこに人工の歯を入れるので自分の歯と大差のないものになります。

インプラント

噛み心地や見た目が自然なワケ

インプラントは見た目も自分の歯を大差がありませんし、噛んだ感じも自然です。自分の歯を取り戻せたかのような感覚に陥るということがあるので、かなりメリットは大きいです。それは顎の骨にボルトを埋め込んで人工の歯を入れているからということもあるでしょう。顎の骨と連結をしているので、より自然な感じに見えます。また入れ歯とは違い、取り外しができるわけではないので、自分の歯と同じような扱いをすることができる、というメリットもあります。そのため、インプラントのほうが扱いやすいということがありますし、自分の歯に近い感覚で使用をすることができます。自分の歯に近い形で作ってくれる、ということも自然に見えるポイントでしょう。